中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2020年02月
2019年12月
2019年11月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年08月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年03月
2017年02月
2016年09月
2016年05月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

« 「デザイン経営」の時代やって来るか?メイン

「STRAMD Advanced」を開講すべき?
― 次世代型「戦略経営デザイン人材育成講座」再興構想 ―

2020 / 2 / 7

このたび、講演のご依頼を受け、広島県の福山まで出かけて来ました。
広島は、PAOSを始めた頃に東洋工業(マツダ)の仕事を8年半ほどさせて頂きましたので、よく通った思い出深い地です。夜行寝台列車を利用していた70年代が懐かしく思い起こされます。この地方では、中国電力のプロジェクトもお請けしましたので、福山駅前でマンホールの蓋に同社のロゴを見つけ、嬉しく拝見しました。

今回の福山講演は、「中つ国グローカルデザイン振興協会」主催の講演会だったのですが、地方独特の穏やかかつ親しみの持てる雰囲気の中での、気持ちの良い催しになってくれました。お世話くださった皆さま方には感謝です。
中には3時間半もかけてわざわざ他県から聴講に来て下さった参加者もいらしたりして、実に熱心な方たちとの出会いも嬉しいものでした。


福山講演後の質疑応答と対話のひととき

そして、そうした方たちの真剣な眼差しや熱心なご質問に接する中で、もう一度「STRAMD」の深掘り型講座を始めてみるべきではないか?と思い始めました。

折から、PAOSは50周年を迎え、今後私のやるべきことはなんだろうか? とこのところずーっと考え続けていたこともあり、使命感にも駆られ、「そうだ、これ迄の恵まれた独自キャリアや長年築きあげてきた《知的美的経営資産》を活かして、次世代型人材を育てていくことこそ重要なのではないか?」と閃(ひらめ)いたのです。

幸いPAOSには、わが国を代表する企業等の他所にはない開発プロジェクトのケーススタディ(具体的開発事例)がたっぷり蓄積されており、同時に海外著名企業のCI事例等の資料類も、多分世界でも最も豊富に所持していると自負しておりますので、これらも活用した深掘り型の戦略経営デザイン人材育成講座の開設こそ重要なのでは?と感じた次第です。
折しも世の中では「デザイン経営」をキーワードに、そうした分野の人材育成の必要性を述べる声が溢れ始めており、自らの年齢を考えると多分そんなに長くは難しく、数年間の講座にはなろうかと思いますが、多少無理をしてもそういった声に応えるのが私の使命かとも思うようになりました。

私は著作物も多数あり、企業のプロジェクトも約150社近くお引き受けしてきましたが、そもそもこうした独自のデザイン人生は、大学入学時に始めた「中西デザイン道場」なる人材育成塾に端を発しています。この私塾は、結果的に6年ほど続けたのですが、今のPAOSという会社もその延長上に始まった事業です。幸いなことに、その会社が半世紀もの長きに渡り続いてくれたのですが、企図するところはそうした歩みの集大成のようなものともいえそうです。

その講座のイメージは、今のオフィスを教室にして出来る規模、人数は会議室の椅子の数ほどのごく少人数とし、わがオフィスで行うのであれば多少手狭感は免れませんが、そのかわり必要な資料類はいつでも取り出せます。講義内容は参集したメンバーに合わせて考えましょう。基本は私塾ですが、随時、適切な外部講師の先生方の支援も仰ぎたいとも思います。
もしそんな講座ができれば、どこにも真似の出来ない人材育成の場が誕生することは間違いなさそうです。

その一方で、私は研究者というよりは本来が実務屋ですから、お引き受けしているプロジェクトへの責任もしっかり果たして参る所存です。
人生100年時代に入り、これからの生き方そのものもまさに私の実験人生と呼べる時期に入ったようですから、いつまででもチャレンジを続けていきたいと考えている次第です。



投稿者 Nakanishi : 2020年02月07日 20:10