中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2019年11月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年08月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年03月
2017年02月
2016年09月
2016年05月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

« チョコレート、無念の思い出メイン

最初の著作は刺繍本

2019 / 11 /12

何かと取り紛れ、しばし本ブログの執筆を怠っていましたら、何十年振りかの友人から便りを頂いてしまいました。「ブログの更新がなされていませんが・・・?」と。
確かに15年もの間、折に触れて所感を物してきたブログですから、お読み頂いている方には、「何かあったのかな?」と思われても致し方ありません。お目に掛かる方からは時々口答で指摘を受けてはいたのですが、お手紙まで頂いてしまうのは初めてでしたので、ちょっと慌てました。
幸い、変わらずに元気にしておりますので、何か書かねばと思い立った次第です。

先日、資料の整理をしておりましたところ、何と1960年に出版された写真のごとき書籍が出てきました。


090911_w.jpg

これは私が桑沢デザイン研究所を出て早稲田大学に入学した年に刊行された本で、奥付には共著者の一人として私の名前も記されています。
通常、私の最初の著作は1964年、前の東京オリンピックの年に上梓された「デザインポリシー」であるとしてきましたので、それよりも4年も前に著作があったということになります。
この本は婦人画報社が版元ですが、そのころ同社にいた友人から頼まれて仕事をしたのが本著、すなわち刺繍をする人のためのアルファベットの図案集なのです。


090911_w.jpg

090911_w.jpg

090911_w.jpg


私自身はもちろん刺繍などしたこともありませんので、経験者の話を聞き、想像をめぐらせながらデザイン事例を作り上げていった作例ですから、どの程度お役に立てたのかは皆目分かりません。
でも、その後、デザインと経営の世界で多くの編著作を世に出してきた当事者としては、こういう書籍が存在していたこと自体に感慨深いものがありました。今となっては貴重な記録であり、当時この仕事を依頼してくれた友人に感謝の思いを新たにする次第です。


その後の編著作の数々



投稿者 Nakanishi : 2019年11月12日 18:39