中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年08月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年03月
2017年02月
2016年09月
2016年05月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

« 勝見勝先生メイン

チョコレート、無念の思い出

2019 / 2 /14

これは、かつてPAOSがデザインしたチョコレートの商品写真です。
ここには、毎年バレンタインデーが近づいてくると思い起こす、残念な思い出が秘められています。


パーソナル・ギフト用に開発した様々なチョコレート
090911_w.jpg

写真のごとき各種多彩なチョコレートが華やかな新シリーズ商品として売り出されたのは、1986年のことです。当時わが国のチョコレート業界は、確か年間の80%以上がバレンタインデーの時期に売れる、という偏った市場構造でした。
そうした中、「思い切ってチョコレート市場に打って出たい」との依頼が、クライアントであるユーハイム社の河本武社長(当時)から寄せられました。積極的な市場戦略を展開しようとする洋菓子界の老舗からの申し出には私たちも大いに賛同し、生活に彩りを添える成熟型の市場形成に協力を、と意気込んで商品開発やパッケージデザインの魅力化に取り組んだのでした。

ところが発売して間もなく、とんでもない問題が発生しました。
業界には「商品が容器の70%以上を占めていないものは流通させてはならない」とのルールがあるというのです。詳しい経緯は私共には分かりませんでしたが、同業他社からその規定を元にした指摘があったとのことでした。
確かに見せかけのボリューム感でごまかす悪商法はあり得るので、消費者をだましてはならないとするまっとうなルールとも思えます。しかしこのチョコレートの場合は、まわりのスペースをも含めて送り手の遊び心やセンスを表現しようとした成熟市場型の新感覚商品であり、決して欺いて嵩(かさ)上げ効果を狙おうとの目的ではありませんでした。とは言え、物量重視の当時としては無視できない法規ではありましたので、河本社長は直ちに市場から一切の商品を撤収する決定をなされたのでした。

贈答文化が欠乏充足型の物的価値第一主義に消し去られた、無念の事例の思い出です。



投稿者 Nakanishi : 2019年02月14日 10:20