中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2019年01月
2018年12月
2018年08月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年03月
2017年02月
2016年09月
2016年05月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

« 飯粒を残すような奴は出世しない!メイン2019年の新年所感 »

9年振りの台湾訪問と講演・展示会

2018 / 12 /28

この度、12月5〜9日に台湾へ出かけてきました。9年振りの台湾訪問になります。
この間、台北・台中・高雄の3ヶ所の講演会にて下記テーマでお話しさせて頂きましたのと、高雄東方設計大学では、PAOS 50周年の成果展も開催していただきました。同大学は台湾唯一のデザイン系専門大学とのことです。
全行程を通じてご一緒して頂いた旧知の林磐聳・張百清ご両氏には大変お世話になりました。深く感謝の意と共にお礼を申し上げる次第です。


090911_w.jpg

高雄東方設計大学の「中西元男50年成果展」と講演会 告知風景
090911_w.jpg


090911_w.jpg

090911_w.jpg

090911_w.jpg

090911_w.jpg

講演会風景と記念写真の数々

講演テーマ
090911_w.jpg
◎12月6日(木) 台北
「デザインの経営的可能性を探り続けて −知的美的経営のすすめ」
参加者550名〈企業経営者、デザイン関係者 ほか〉

◎12月7日(金) 台中
「企業経営レベルからデザイン思考を」
参加者350名〈学生、教育者、デザイン関係者 ほか〉

◎12月8日(土) 高雄
「デザインで何がどこまでできるのか」
参加者230+α名〈学生、教育者 ほか〉

ところで、今回の台湾訪問は何度目になるのでしょうか? 
台湾の皆さんとの交流は結構長く深く、手元には1987年に戴いた、「中・西・元・男」の名前を織り込んだ漢詩の掛け軸があり、この30年前の記念すべき品物も持参しました。


記念の掛け軸を講演会の場で披露

この度の講演会場には若いデザイン学生の皆さんも多く、彼らが生まれる前からの交流を、果たしてどのような思いでご覧になられたでしょうか。
加えて、今回の講演会には、北京や香港からもはるばる聴講にみえた方々が何人かおられましたが、いろいろ伺うにつけ、「DECOMAS」「New DECOMAS」等の拙著で説いてきた経営戦略的デザインに関する私の理論や手法、つまり一品性の価値よりマスの価値を追求するデザイン目標は、日本国内よりも台湾など中国系のデザイン関係者の皆さんの方がよく理解されていて、ビジネス的成果も多いのかな?との印象を持ちました。今回もデザインビジネスとしての成功事例の証ともいえる立派な書籍を何冊かプレゼントしていただきましたが、それらを見るにつけ、昨今のわが国デザイナーの作品主義への逆戻り現象が気になりました。

アートの価値は一品性にあると言われ、それに対しデザインの存立価値はむしろ受け手発想のマス(量的価値の創出)にこそ主軸があると言えようかと思います。そして、この根本的なデザイン・アイデンティティを今の日本のデザイン界は失いつつあるのでは?と感じ始めました。作家作品主義に向かうデザインも解らぬ訳ではないのですが、このテーマはJAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)等のデザイン関係者にもお考え頂きたいところです。



投稿者 Nakanishi : 2018年12月28日 12:37