中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2018年08月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年03月
2017年02月
2016年09月
2016年05月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

« 「コーポレート・アイデンティティ戦略」改訂版を刊行予定メイン

「写真撮影」への思い入れ

2018 / 8 / 7

先般、故郷の神戸に出かけた折に、愛用のカメラを忘れてきてしまいました。そういうときに限って、撮り置きたいシーンが出てくるので始末が悪いのです。
最近はスマホでもかなりの精度のラチチュード(画像解像度)の写真が撮れるようになって来たのですが、どうしても専用のカメラを持ち歩くクセから離れられそうにありません。たとえハンディなそれであっても、カメラと呼べるものを持ち歩きたいのです。

私はPAOS創業間もない頃、北米に拙著DECOMASの取材に3ヶ月ほど出かけました。当時は外貨の持ち出し制限もありましたし、カメラマンを同道するほど資金が無かったものですから、アメリカ・カナダ・メキシコでの現地取材写真は、全て自分で撮影してきました。


30年間10刷のロングセラー拙著「DECOMAS」と取材写真

当時はフィルムカメラの時代でしたから、ニコンの35oカメラに交換レンズ3本とブローニーのミノルタ二眼レフカメラを携えて各地をロケハンして回りました。この際の機材揃えは早稲田の1年後輩で写真部の部長であった小川忠博君にお世話になり、NYのマンハッタンを毎日のように18キロものカメラバッグを抱えて歩き回ったことが良き想い出です。

この時のことは、本の掲載写真を見るたびにその現場シーンや状況をリアルに思い起こせるほど印象深いのですが、いま見返しても吾ながらなかなかの写真の腕前であったと思えます。
写真の技術は、現在よりは機材が不便であった分だけ技量で補わなければなりませんので、瞬間的判断力は撮り直しを気にすることなくシャッターが切れてしまう今よりは上であったのではなかろうかと思えます。昨今のデジカメのように、ダメな場合には直ぐに消去して取り直す、という訳にはいきませんので、下手な写真を撮ると、完全にフィルムの無駄の山になってしまったのです。その上、日本ではまだASA感度100のカラーフィルムしか市販されない時代に、アメリカではASA320や640もの感度のフィルムが手に入ったのですが、当然それなりに費用は掛かったわけですから、失敗は許されなかったのです。
現地では、当時NYで大手広告代理店のスタジオカメラマンをしていた早稲田大学デザイン研究会の1年後輩、山岡景樹君に大いにお世話になりました。
そして今、その時撮り溜めた写真類を涙をのんで選り分けと整理をしつつあるのですが、当時を思い出しては作業の手が止まってしまいますので、なかなか作業は進んでくれません。

もともと私と写真との関わりは、高校生の時、修学旅行の際にマミヤシックスというカメラを親に買って貰ったことに端を発します。このカメラは6×6版でもセミ版(6×4.5p)でも撮れる合理的なブローニーの蛇腹式のカメラだったのですが、その後も長く愛用し、今も個人的な想い出の記念品として大切に保存してあります。


マミヤシックスのカメラ

その後、写真と本格的に接するようになったのは、大学院生の頃に、早稲田大学の美術専攻の先輩でもあった著名な建築写真家の二川幸夫さんの所にアルバイトに行ったのが大きな契機となりました。この時は、二川さんが建築科の学生の教育用に出されるスライド集の編集のお手伝いをしていたのですが、私はGA(グローバルアーキテクチャー)シリーズの企画編集を担当させて頂きました。その仕事とは、二川さんが海外の現地取材をされる際の、当該建物の所在地の地図作成から始まり、その建築の主な特色や建築史上の意義まで、取材要領書を作りお渡しするというものでした。加えて、取材後の写真の解説文まで任されたりもしました。
ル・コルビュジェやガウディなど、現物を見たことも無いのに、海外の文献等を読みあさって準備をしたり解説文を書いたりと、後に現物を見に行くことにはなるのですが、今から振り返っても良い経験をさせて頂いたと思います。と同時に、建築写真のポイントなども大いに学ばせて頂きました。そこで画角の定め方や焦点深度の活かし方など、私流の独自の写真術のようなものが出来上がっていったと思います。
それが後に何冊もの拙著を著す際の掲載写真の撮影に大いに役立ってくれたと思えますし、今でも写真を撮ること自体は好きな行為です。



投稿者 Nakanishi : 2018年08月07日 11:51