中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2018年01月
2017年12月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年03月
2017年02月
2016年09月
2016年05月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

« イヌ型ロボット、AIBOから復活aiboへメイン王超鷹と中国の切り絵文化展、そしてPAOS上海のこと »

盟友「木谷精吾」逝く

2018 / 1 /26

年明け早々にお悔やみの話題はと思い控えておりましたが、昨年暮れに、60年余の永いつき合いの親しい友人であった、“木谷精吾”君が逝ってしまいました。癌を手術して療養中だったことは分かっていたのですが、生来前向きで明るい人柄の人物でしたので、こんなに早く別れがやってこようとは思いもよりませんでした。

彼とは、神戸の兵庫県立長田高校で出会ったのですが、以来、非常に近しい人間関係が続いた友人でした。夫人の佳実さんも同窓生で、元々は長田高校時代に、演劇部のクラブ活動を通じて親しい仲間になりました。
彼は上京後、私が下宿をしていた杉並区堀之内のすぐ近所に引っ越してきました。また、高校時代の同級生で武蔵野美術大学に進んだ画家の古川清君も、私の隣の部屋に下宿することになり、そこに桑沢デザイン研究所の同級生で写真家の山田脩二君(現在は淡路島在住)も加わって、よく飲んで騒いだ仲でした。

そういう懐かしい想い出もあって、私が神戸に帰る機会を捉えては、「堀之内会」と称し、私の弟夫婦も交えて気の置けない飲み会をやるのが楽しみでした。いわゆる刎頸(ふんけい)の友とも言うべき、挨拶や気兼ねの要らない心ゆるしたつき合いでした。こうした人間関係は大人になってからはなかなか生まれませんので、貴重な仲間である存在を有難く思っておりました。
それゆえ、この年齢になると仕方の無いことかも知れませんが、先立たれてしまい何とも言えない寂寥感に包まれております。


木谷精吾夫妻(右ふたり) と古川清氏
090911_w.jpg

堀之内会全員集合

長田高校時代は彼の方が2年後輩だったのですが、早稲田大学の演劇専修を受験すると言って上京し、現役ですんなりと合格してしまいました。
それがきっかけで、「なぁんだ彼が入れるのなら」と、私も桑沢デザイン研究所の後に早稲田大学を受験し、無事後輩として文学部美術専修に合格しました。彼が先に早稲田に入っていなければ、私の早稲田大学進学は無かったと思います。

彼が何年早稲田に在学したのか定かではありませんが、同じ文学部に入りましたので、英語の試験の時には、多少出来の良かった私がなるべく大きな字で答案用紙を記入し、斜め後ろに座った彼がそれを必死で写し、無事共に単位を取ったことなど、今となっては懐かしい想い出です。
大学卒業の後、木谷君は演劇の道を志しましたが、今ほど独立劇団などが成り立つ可能性は高くなく、苦渋の決断で演劇の道をあきらめ、川崎製鉄の子会社に就職しました。後に私が親会社である川崎製鉄からCIプロジェクトのご依頼を受け、企業理念づくりやコーポレートロゴのデザインを致しましたが、彼はそれを会社で学習させられたことなどもあったようです。この川鉄のロゴデザインは、その後の企業統合の結果消え去ってしまいましたが、私が最も気に入っていた企業シンボルの一つでありました。


川崎製鉄 CIデザインマニュアル

人柄というべきか人徳というべきか分かりませんが、木谷精吾君はともかくいつ会っても、人を決して不愉快な気持ちにさせない素晴らしい存在感の人物であったと思います。
彼が逝ってしまったのは少し早すぎたように思いますが、今は黄泉の国でもきっと周りを楽しませているだろうと確信しています。
好漢 木谷精吾、安らかに眠れ。



投稿者 Nakanishi : 2018年01月26日 15:40