中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2018年01月
2017年12月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年03月
2017年02月
2016年09月
2016年05月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

« 2018新年ご挨拶メイン盟友「木谷精吾」逝く »

イヌ型ロボット、AIBOから復活aiboへ

2018 / 1 /17

SONYのイヌ型ロボットaiboの発売が、かつての新しい価値提案型企業SONY復活への期待も伴って、大きな話題になっています。


出典:日本経済新聞(2018年1月12日朝刊)

このロボットの前身AIBOは、私がGマーク(グッドデザイン賞)の審査委員長をしていたおよそ20年近く前、強く推して、1999年のGマークの大賞に選ばせて頂いた作品です。その際にSONYの担当者達が「賞を戴けるのは有り難いのですが、大賞を取っても会社が本気でこれを商品化して生産したり大きく広告を出したりすることはないので、普通の金賞(部門賞)位にしていただけませんか?」と申し出てこられ、こちらの方が驚いた記憶があります。


Gマーク大賞贈賞の記念写真(1999年)

私は、その年のGマーク年鑑(イヤーブック)に、
「デザインと人との関係性による新しい価値の創造」
「次の時代への連続性や発展性における価値の増殖の可能性」
といった視点から、AIBOは大賞に値すると所感を述べ、「AIBOをきっかけとして、この後に展開される夢や広がりの世界に賞が贈られた、と考えていただくべきであろう」とも記しています。

それまでのロボットの多くは、人に代わる何らかの機能を有していましたが、AIBOは「人を癒し助ける」庶民派ロボットの第1号だったと言ってよいでしょう。そして、当時はまだ類例がなかった、飼い主の意思を反映しながら育っていくその高い学習能力は、今後の高齢化社会に大きな役割を果たす可能性を秘めていると直観しました。


旧AIBO(1999) と新aibo(2018)

「AIBOはロボット文化が花開く里程標となってくれるのではなかろうか」と審査講評を結んでいますが、まさにその通りになってきたと言えると思います。
そして、私がそのような判断を下した際には、来るべき高齢化社会という意識が強くあったのですが、今やそうした時代に向かってひたひたと時は流れています。

このたびのaiboの再登場を、SONY復活の兆しと期待する声は大きいようですが、私もそのひとりです。
わが国の産業界に刺激触発を与える企業SONYの活躍を願う人はきっと沢山おられるだろうと思います。
是非、これを契機にひと暴れをお願いしたいものです。

因みに、最初のAIBO発売の際には私も応募したのですが、抽選にはずれオーナーにはなれずじまいでした。
新aiboは、是非購入してみたいと考えています。  



投稿者 Nakanishi : 2018年01月17日 21:15