中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

« 新年、核拡デザインのすすめメインSTRAMD第7期生募集記念シンポジウム »

母ゆずりのお節(せち)料理

2016 / 1 / 8

お正月のお節料理を、出来合セットで買うのではなく自宅でつくるお宅は、今や2%しか無いとか。その意味で、もはや我が家のお節は貴重なのかもしれません。薄味の味付けやお重の中身の品揃えも、結構昔の伝統のままのように思えます。
毎年、それを年末から家族が時間をかけて丹念に作ってくれているのです。


今年のお節料理

昔の話ですが、神戸の中西家の本家では、かつては新年には親戚一同が次々と挨拶に訪ねて来るのが慣例でしたので、亡き母が大量のお節を暮れからせっせと用意するのが、長く続く慣わしになっていました。
そして私も、子供の頃はそれを眺めていたわけではなく、年末は結構忙しく、家中のガラス磨きと障子張りを役割としてやったものでした。都心の小さな住宅と違って、我が家は母屋(おもや)の建坪だけでも80坪以上ありましたので、家中の障子を張り変えるだけでも、小学生であった私にはなかなかの難事でした。建具を外して洗い、古い障子紙を剥がす作業からしてそれなりに技術の要る仕事で、…と言ってみても、今時の若い人たちには理解できないことでしょう。
加えて、お節の私の担当は卵焼きで、毎年年末には、およそ150個もの卵を割り、卵焼きを作ったものです。だし巻き卵ではなく、いわゆる卵焼きです。ですから、さすがに今はもうやりませんが、卵焼きには相当自信を持っています。日本酒をたっぷり入れると、ふわふわになり味がまったりとして美味しくなるのです。ただし用心していないとすぐに焦げてしまうからやっかいな代物でしたが。

今年、我が家で拵えてたお節の品数は30点位だそうですが、準備をし、お重に盛りつけをする女房殿や娘の作業はなかなか大変のようです。
私は煮物なども薄味にして少し田舎風の大ぶりな仕様(切り分け)が好きで、その大ぶりの盛りつけが、今でも我が家らしくていいなと思えます。ただ、昨今はだんだん料理を量多くは食べられなくなってきており、一品ごとの作りを小ぶりにしてもらわないといけなくなってきているのか?とも感じていますが。

ともあれ、飲んで食べての平和でのんびりとした正月を、今年も過ごしました。そして1月2日は私の誕生日でもありましたので、その祝いも和やかにして貰いました。
幸いにして、後期高齢者になりながらもほぼ健康体をキープしてはいるのですが、果たしていつまでこれが続けられるでしょうか?



投稿者 Nakanishi : 2016年01月08日 11:20