中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

« デザイン! 新しい時代に入るメインSTRAMD(ストラムド)第5期修了、6期生募集中 »

「スーパー人間力講座(STRAMD)」でビジネス人生に変革を!

2015 / 1 /28

文部科学省は「スーパーグローバル大学創成支援」構想を立ち上げ、わが国の著名大学(国立・私立)を選び出し、高額の支援金を与えてグローバル化へのレベルアップを図る計画の実施を始めました。

こうした大学レベルのランクアップを目指す計画も結構ですが、STRAMD(戦略経営デザイン人材育成)講座で目指し続けてきたのは、むしろ個人の人間力、中でも独自に「知力・感力とネットワーク力」を高めることで「新しいビジネス人生を」可能にする個人の学びの場の提供です。


090911_w.jpg


意欲満点の熱心な受講生たち

文科省のプロジェクトの狙いが上記「地球力大学」にあるなら、STRAMDの目指すところは「人間力講座」にあります。まさにいろいろな分野のプロが個々人として第2の仕事人生の革命を行い、通常では不可能な出会いの場を設け、斬新な人的ネットワークの構築とそこから生まれる成果を目指しています。
その可能性は、これまで5年間の実績が何よりの実証です。

STRAMDは間もなく「開講6年目」を迎え、目下、第6期受講生を募集中です。
http://stramd.asia/contact/

STRAMD(ストラムド)のこれまで5年間の成果は、受講生の平均年齢36.8才、まさにより上位の仕事人生に向けてシフトアップしていこうとするタイミングと合致しています。
そこで、わが国のそれぞれの分野の実力派にして、実務経験豊かな講師の方々との出会いと刺激は、実に大きな成果を生み出しつつあります。
そして受講生達のキャリア(大企業人から個人事業主)や保持資格も、MBA・弁護士・弁理士・管理栄養士・薬剤師・一級建築士・デザイナー・Web専門家等々の相互活用も実に多彩です。


受講生たちの多彩な資格

通常では出会わない人たち同士の出会いがSTRAMDを通じて生まれ、刺激触発型授業と交流を軸に、やがてニュービジネスの分野開発やソリューションに展開されています。
もともとクリエーション(創造)の9割以上は、過去の要素の新しい組合せだと言われます。まさにSTRAMDは人的クリエーションの源泉です。

幸運の女神は、前髪はあるが後ろ髪はないと言われます。
また、人生は「縁と運」とも言われます。
あなた自身が、気づくか掴むか。今期(第6期生)も多彩な受講生の皆さんの出会いに大いに期待しております。



投稿者 Nakanishi : 2015年01月28日 19:10