中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年08月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年03月
2017年02月
2016年09月
2016年05月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

« 一見の価値あり、桑沢「SO+ZO展」メイン文化成長が経済成長を牽引する時代 »

2011年、新年メッセージ(PAOS:中西元男)

2011 / 1 / 4

明けましておめでとうございます。

新年を迎え、つらつらとやらなければならない事を書き連ねてみましたら、結構有るはあるはで、年齢も考えずに一体お前は何をやっているのかと、その量の多さに自問自答しています。

丁度1年前の昨年正月に、六めぐり目の干支の寅年を迎え、出来るだけ年相応の、ゆったりとした自分にしかやれない生き方をしようと考えました。恒例であったPAOSカレンダーや新年挨拶状を止めるご挨拶もさせて頂きました。そして、自らの仕事軸の中心に二つのテーマを据えました。それは、これまでやって参りました稀有な仕事経験とライフワークとも言える核・拡デザインの研究成果を活かして、これからの時代の人材育成を行い、1968年以来の仕事記録のアーカイビング本をまとめていくことが目標だったのです。

ところが一年経って振り返るに、全く想定外の新年を迎える年明けになってしまいました。

確かに昨年最も時間を割き、力を注いだのは、母校である桑沢デザイン研究所にSTRAMD(Strategic Management Design)なる社会人講座を設けて貰い、デザイン思考を軸とした戦略経営デザイン人材育成講座を主宰推進することでした。
知的美的経営哲学の敷衍と手法の具現化です。
この講座は、お陰様で24〜63歳にわたる幅広い年齢や職種の、素晴らしく熱意ある第1期受講生達に恵まれ、試みて良かったとの思いと、年齢に関わらず可能性に満ちた有為の人材が日本には沢山いる、との思いを強く持ちました。そして、こうした分野の教育に関しては、この国はむしろ教える立場や管理する側の方が変革について行けず、制度疲労を起こし時代遅れになってしまっているとの危機意識も強くしました。表現デザインからデザインシンキングへの進化が出来ていないのです。
※STRAMDは第2期生の募集を始めています。

STRAMDの教科書にとの思いで「コーポレート・アイデンティティ戦略」なる拙著も出版したのですが、本作りの出来栄えはともかく、これに対する反応や反響の大きさにも驚きました。相談に持ち込まれてくる内容が、それぞれに「本当のCIができていないことに気づいた」「導入してみたが期待通りではなかった」という類のものなのです。確かに個別のケースを分析してみるに「これでは日本の企業力も文化レベルも下がるのが当たり前」と思えるような事例が続々です。

また、昨夏には、いきなり中国からの客人達が4人もやってきて「新しい企業文化を構築したいので指導をして欲しい」と言うのです。聞けば、あるコンシューマーグッズ分野の売上1位の企業で、中国は今後黄金の20年と呼べる成長が続くので、それに備えたアイデンティティ・デザインをやりたい、そして「卓越した企業存在になりたい」のだそうです。つくづく時代は大きく動いているのだと痛感させられました。

そのような国内外の相談事に次々と対応しているうちに、まるで昨年初に描いた青図はどこかにすっ飛び、とんでもない時間貧乏に追い込まれて行ったという次第です。

ただ、脳生理学者の話では、年を取ると頭の細胞は猛烈な勢いで破壊されていくが、直感力を司る脳細胞だけは磨けば死ぬまで増え続けるのだそうです。いわゆる胆識の世界なのでしょうが、確かに受ける相談事のどこが問題なのか、このデザイン表現はどこを直せば良くなるか、などのことが知的美的両面で結構瞬時にして見抜ける自分が育って来ているように思えます。自己過信でしょうか?

かつてPAOS創設間もない40年も前のこと、私はミュラータイムという経営コンサルタントに憧れを持ちました。彼は僅か数人の秘書やアシスタントに囲まれ、美味しい料理やワインを楽しみながら、誰でも知っているような大企業の指導を革新的にやった人です。その基本的な考え方や手法は今読み返しても新鮮です。

とても私にはそのような真似は出来ませんが、世のお役に立てる間はなるべく添えるようにしたい、永く豊富な経験を持つからこそ可能な、広い意味でのデザイン・コンサルタントの役割を果たしたいとの思いの一年の始まりです

皆さま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2011年 元旦



投稿者 Nakanishi : 2011年01月04日 10:46