中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

« 早稲田大学にファッションショウを見に行ってメイン新宿西口定点撮影35周年「記念展」物語 (1) »

好漢、長峰秀鷹逝く

2004 / 10 / 5

「博多の中西元男」と言われている人がいると言って紹介されたのが、インテリア&スペースデザイナーである長峰秀鷹さんと初めて会ったときでした。以来、日本デザインコンサルタント協会や福岡デザインリーグなどいろいろな場で顔を合わせたのをはじめ、いつも熱心にデザインの可能性を語り、笑顔を絶やさない気持ちのいい彼の人柄に惹かれて、何度も席を一緒にすることになりました。そして、最後にどうしてそういう話しになったのかが定かではないのですが、酔眼朦朧の流れの中で「東京でよく行く僕の好きなそば屋の鴨南蛮うどんが美味しくて、是非それを一緒に食べに行こう」との話しになっていたのですが、その彼があっと言う間に喉頭癌で急逝してしまいました。

それから5ヶ月、「偲ぶ会」が9月30日木曜の夜に福岡のホテル・イルパラッツォで催されました。この会には無理をしても参加したいと思っていたので、折り返すように出席の返事を出したら遠いのに3番目に届いたと事務局の人から感謝されました。

当日はぎりぎりで福岡に到着し会場に入ると、祭壇に彼の磊落かつ人懐っこく笑う大きな写真が飾られ、その前に山笠祇園祭で愛用していた法被が置かれ「まさに博多男逝く」の思いを強くしました。
この時、初めてお目にかかった長峰夫人にご挨拶をしましたら、「本当に似てる」と言われ、「そんなものかなぁ」と不思議な思いをしました。大体、世の中には自分とそっくりの人がもう二人はいるといわれますから、そういう縁だったのかも知れません。ただ、長峰さんはアメフトを学生時代からやっていたりして体つきは僕の一回り以上は大きかったのですが、雰囲気なのでしょうか。

彼は福岡の名門:修猷館高校を出て早稲田大学に入り、そこを中退して武蔵野美術大学基礎デザイン学科にはいったという意図を持ってデザインの道を選んだ人です。それだけに彼の姿勢や自分の生き方は職場が変わっても一貫したものがあったと思いますし、それ以上に、故郷福岡を愛し抜いたデザイナーであったと言えましょう。そうしたかれの仁徳をしたって当日は160人以上もの大勢の人が長峰さんとの別れを惜しみに参集しました。

デザインの社会的な成果に情熱を傾けていた長峰さんは、僕より年齢的には七つも若かく逝ってしまったわけですから、これからの僕は「東京の長峰」として、彼の分まで頑張らないといけないですね。                               合掌



投稿者 Nakanishi : 2004年10月05日 10:01