中西元男 実験人生
HOME
PAOS
WGD
NAKANISHI'S PROFILE
実験人生のテーマ
このブログでは、カテゴリー分けに出来ないため、
テーマを色別で表示しています。


■PAOSノベルティ

■PAOSそば猪口
新着ブログ
ARCHIVES
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年03月
2017年02月
2016年09月
2016年05月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年06月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年08月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年11月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年05月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
COMMENT

9年目を迎えるSTRAMD(戦略経営デザイン)

2018 / 2 /14

去る2月3日(土)、STRAMD(ストラムド)なる主宰講座の9期生募集のためのシンポジウムを開催させて頂きました。
厳寒で天候不順のこの時期ですから、集客の心配をしておりましたが、お陰様で80名余の方々にご参加頂き、イベントとしましてはなかなかの盛り上がりを見せてくれました。


9期生募集記念シンポジウム案内チラシ


090911_w.jpg

シンポジウム会場風景



王超鷹と中国の切り絵文化展、そしてPAOS上海のこと

2018 / 1 /30

1月24日(水)〜2月2日(金)、虎ノ門の中国文化センターにおいて「中国剪紙(せんし/切り絵)文化展」が開催されています。
https://www.ccctok.com/event/event-detail/?id=7307
これはPAOS上海の代表である王超鷹(おう ちょうよう)の作品及び収集コレクションを紹介する展覧会ですが、中国における切り紙絵は、わが国の寄席の紙切り芸などとは全く別次元の歴史的・文化的意味の深い、独自の存在価値を持つようです。


いかにも中国らしい開幕式(中国文化センター)


王超鷹の講演



盟友「木谷精吾」逝く

2018 / 1 /26

年明け早々にお悔やみの話題はと思い控えておりましたが、昨年暮れに、60年余の永いつき合いの親しい友人であった、“木谷精吾”君が逝ってしまいました。癌を手術して療養中だったことは分かっていたのですが、生来前向きで明るい人柄の人物でしたので、こんなに早く別れがやってこようとは思いもよりませんでした。



イヌ型ロボット、AIBOから復活aiboへ

2018 / 1 /17

SONYのイヌ型ロボットaiboの発売が、かつての新しい価値提案型企業SONY復活への期待も伴って、大きな話題になっています。


出典:日本経済新聞(2018年1月12日朝刊)

このロボットの前身AIBOは、私がGマーク(グッドデザイン賞)の審査委員長をしていたおよそ20年近く前、強く推して、1999年のGマークの大賞に選ばせて頂いた作品です。その際にSONYの担当者達が「賞を戴けるのは有り難いのですが、大賞を取っても会社が本気でこれを商品化して生産したり大きく広告を出したりすることはないので、普通の金賞(部門賞)位にしていただけませんか?」と申し出てこられ、こちらの方が驚いた記憶があります。



2018新年ご挨拶

2018 / 1 /15

寒中お見舞い申し上げます

早々に新年の賀詞を頂戴いたしました皆さま、お心遣い誠にありがとうございました。深く御礼申し上げます。
本年は日めぐりの都合でゆっくりした仕事始めとなり、未だに正月気分が残っています。
遅まきながら、新年のご挨拶を書かせて頂きました。